スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログは皆さんの1クリックと私のやる気で成り立っております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
☝どうぞ閲覧された方は閲覧ついでにポチッとお願いします。☝      

ミステリーツアー part3

12:30 宮城県柴田郡川崎町にある《ラップランド》に到着。

道路に【山賊カレー】と大きく看板が出てある。

実は、数年程前からその看板が気になり、

『いつか行ってみよう。』

と思っていたのである。

そして、看板から奥に車を走らせると、ログハウスが見えてきた。
F1000106.jpg

『ここだ!!』

看板に《ラップランド》と書いてある。

F1000095.jpg

店先にある木彫りの熊さん。
F1000107.jpg

それと、ドワーフ?のおっさん達が我ら家族を出迎えてくれた。
F1000100.jpg

中に入ると…。

かなり良い雰囲気。

F1000099.jpg

薪ストーブ&ランプ。(こんなの欲しい)
F1000103.jpg

トイレに続くドアの取っ手。(こんな所が好きだったりする)
F1000105.jpg

蜂蜜も売っておった。(舐めてみたい)
F1000101.jpg

実は農業をしながら、いつか山奥にこんなログハウス建てたい。

なんて考えていたもんだから、何から何まで気になって、

恐らく目は絵に描いたように輝いていたと思われる。

さてさて、肝心の山賊カレーは…。

予想を遥かに超えるボリューム!!

F1000108.jpg

味の方は…。

山賊カレーの名に相応しく、山菜たっぷり&スパイシー!!

でも、辛さはしつこくなく、そんなに後ひかない感じ。

雰囲気も手伝ってか、兎にも角にもうまい!!



『いつか俺も…。』

と夢を思い描きながら帰路に着く。
スポンサーサイト
このブログは皆さんの1クリックと私のやる気で成り立っております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
☝どうぞ閲覧された方は閲覧ついでにポチッとお願いします。☝      

ミステリーツアー part2

10:50 山形市東原にある《もみじ公園》に到着。
F1000087.jpg

この《もみじ公園》は、真言宗古刹宝幢寺の庭園だったもので、寛文の頃、時の山形城主松平下総守忠弘が、江戸の庭師を呼び寄せ、山形城(霞ヶ城)本丸庭園の余石と吉野のもみじを用いて、作られた庭と伝えられている。
心の字をかたどった心字池を巡る事の出来る池泉回遊式の庭園。


と書いてある。

UNI_0449_convert_20111203190057.jpg

そうこうしていると、団体さんがやってきた。

みんな手にカメラを持ち、何事か?と様子を伺っていると。

紋付姿の男性と白無垢姿の女性が車から降りてきた。

F1000089.jpg

『なんだ!?今からここで結婚式か?』

と思ったが、よくよく話を伺うと、新郎新婦の前撮りとの事。

そうと聞いてはこうしちゃおれん。

俺と母は、というより特に母は、カメラマンよりも前に出てシャッターを切り始める。

F1000092.jpg

なんて図々しい親子だろう。

俺の身体には確実にこの母の遺伝子が組み込まれている。

しみじみと実感した。

新郎新婦・両家族・カメラマンにしたらいい迷惑でしかない。

しかし、この親子はそんな迷惑を顧みることなく写真を撮り続ける。

UNI_0456_convert_20111203203830.jpg

花嫁さん綺麗じゃの~。
UNI_0457_convert_20111203204335.jpg

よっ!ご両人!!
UNI_0458_convert_20111203203911.jpg

いや~思いがけず良いもん見さしてもらいやした。

何か自分の結婚式を思い出してしまいました。(楽しかったな~)

どうかお二人末永くお幸せに。



さてさて、本当の目的を忘れそうなので、ここらで庭園散策に戻ることにする。

庭園をしばらく散策し、もみじも綺麗だったが、

何より驚いたのは、このであった。

UNI_0442_convert_20111203205322.jpg

何がすごいって、大きさもそうだが生え方がすごい!!

地面とほぼ水平に生えちゃってんの!!

UNI_0443_convert_20111203205403.jpg

樹齢は推定うん百年でしょうな。

さて、散策が終わったので、ここらで休憩。

もみじ公園内にある《清風荘》の茶室《宝紅庵》にてお茶となる。

《清風荘》は古刹宝幢寺の大書院に由来する建物だそう。
国の登録有形文化財に登録されておるそうな。


《宝紅庵》は、京都の北山杉等を使用した数奇造り。
茶庭には近代茶人を代表する一人益田鈍翁(三井物産の創設者)愛用のつくばいや石灯篭等を配しているということである。


そして、茶室に通される。

中では、お茶を点てる人がちゃんといて、まるで戦国時代の茶室のようだった。

UNI_0459_convert_20111203211821.jpg

千利休でも出てきそうな雰囲気。

初めて点てて頂いたお茶を飲む。

器も綺麗で、俺のには竹が描かれていた。

UNI_0463_convert_20111203211858.jpg

なんとも美しい茶器であった。

他にも、茶菓子なんかにも意味があるらしいのだが、残念ながら忘れてしもうた。

お茶を啜りながら、《もみじ公園》の歴史等を聞かせて頂く。

最後に、水差しを拝見させて頂いた。

UNI_0467_convert_20111203211929.jpg

実はこの水差しは、尾花沢市《上の畑焼》の陶芸家の作品。

そして色を着ける前、あの忌まわしき3.11の大地震で欠けてしまった物だという。

しかし、その陶芸家の方はあの日を忘れない為に、

とあえて残し完成させたという。

水差しには、岩手・宮城・福島三県の主な催し物が描かれていた。

確かに、記憶は時と共に風化してしまうものだが、

あの大地震だけは忘れてはならない。

あの大地震を経験した一人として、子供、孫へと後世に語り継ぐ義務がある。

そう胸に抱き《もみじ公園》を後にする。

腹も減ったので昼食を摂る為、一路宮城県へと向かう。



part3へ続く…。
このブログは皆さんの1クリックと私のやる気で成り立っております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
☝どうぞ閲覧された方は閲覧ついでにポチッとお願いします。☝      

ミステリーツアー part1

朝食中突然母が言い出した。

『今日はみんなで出がげっべ!!』

我が師は反対した。

しかし当然無駄だった。

出発前に我が師が俺だけに漏らした言葉がある。

『全部さんなねごどの段取りあだまさ入ってだんだず。』



そして、出発。

10:00 市場に到着。

日中市場に来るのは、初めてである。

母が、買いたい物があるという事で、母・妻の後を付いて行く。

F1000063.jpg

とある店の中に入っていく。
F1000065.jpg

うわぁ~、ごちゃ…いっぱい物があるな。

母の目当ての物はこれ。

F1000066.jpg

俺が以前騙されたケーキの箱ね。

それにしても色んな物がある。

例えば靴下。

F1000071.jpg

洗剤・シャンプー各種。
F1000074.jpg

爆竹・花火(これは農作物の鳥避けかな…)
F1000072.jpg

果樹用?のネット(山積み)。
F1000076.jpg

この資材屋さん何でもありますな。

資材屋っつーより雑貨屋ですな。



買い物を済ませ、せっかくなので他の店も見てみる。

ここは果樹専用の資材屋

F1000078.jpg

ここでは食料品
F1000083.jpg

段ボール広げて売ってる所が市場な雰囲気が出ておる。

いやー色んな店が揃ってるもんだ。

精肉店や豆腐屋、苗木屋もありました。

若干シャッター閉まってる店もあったが、ワクワクする感じだった。

我が師の話では、以前はもっと活気あり、駐車場なんかは停められない程だったそうな。

時代の流れもあるかと思うが、願わくば以前の活気を取り戻してもらいたいものだ。

そして、市場を後に、一路山形市に向かう。



part2へ続く…。
このブログは皆さんの1クリックと私のやる気で成り立っております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング
☝どうぞ閲覧された方は閲覧ついでにポチッとお願いします。☝      
カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

いなりさま

Author:いなりさま

天気予報
ランキング参加中
このブログは皆さんの1クリックと私のやる気で成り立っております。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスカウンター
現在の閲覧者
現在の閲覧者数:
森羅万象
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

あしあと
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。